楽しいことを探し、美味しいものを食べる!チャラいアラサーのブログ

人生1度きり。悔いを残さずチャレンジだ!美味い物たくさん食べて、楽しいことをやる!とあるアラサー男の日常を語る日記。このサイトの画像等は、無断転載は禁止でお願いします。

極楽とんぼ・山本圭壱 芸能界の罪の重さの基準って何?

先日、10年ぶりに芸能界へ復帰した極楽とんぼ山本圭壱ですが、

 

番組では、相方の加藤さんや後輩たちに本当に支えられていることが解かりますよね。

 

news.livedoor.com

 

 

確かに、彼は、いけないことをしましたが、10年間は長かったはず。

 

彼の肩を持つわけではないが、他の芸能人だって、薬物とかで逮捕されているのに

 

10年もたたないうちに復帰している方もいますよね。

 

酒井法子さんだって10年もしないうちに復帰しましたよね。

 

誰もが悪いことをしたら罰を受けるのは、世の中の決まりだが、芸能界の場合、その罰

 

の重さは一体何で決まるのか?

 

自分としては、人間は誰しもが失敗する生き物であり、もしかしたら、同じことをして

 

いても見つからず、逮捕されない人もいるでしょう。

 

大切なのは、失敗した後、自分自身がどう変わるかであると思う。

 

罰を受けずに済んだ人だって、ラッキーと思って同じことをしていたら、いつかは必ず

 

取り返しがつかないことになるでしょう。

 

いけないことだと気づいた人は、そこから変わればいい。

 

皆誰しも少なからず、悪い行いをしているはず。ゴミのポイ捨てだって犯罪ではない

 

が、迷惑かかるいけないこと。

 

なのにどうして、人の過ちをあまりにも攻めるのか。

 

人を殺めたり、けがをさせたりすることは、絶対に許されないことだし、重い罪を受け

 

るべきだと思うし、それ以外の犯罪だって、犯したら、罰を受けなければならない。

 

それは当たり前。

 

でも、芸能人にしても一般人にしても罪を改めたなら、変わるチャンスを与えてあげるべきだ。

 

重複するが、誰しも少なからず悪いことをしたことがあるはず。罪を改めて、反省をした人がどう変わるのかしっかり見てあげるべきだ。

 

再び終わったことを非難するのはおかしいと思う。

 

芸能界は、処分の重さは、知名度や犯罪のレベルにもよるのかわからないが、

 

自分は、極楽とんぼに頑張ってほしい。

 

清原選手だって、罰を受けて、社会に戻ってきたら、応援したい。